A5ランクが一番美味しい肉とは限らない

A5ランクが一番美味しい肉とは限らない

牛肉の格付けは「歩留り」と「肉質」で判断される。「歩留り」とは皮、骨、内臓を取り除いた後の「食べられる部分」の量で、A~Cの3段階で評価され、B、Cランクには乳牛も含まれる。また、「肉質」は、サシ(脂肪量)、肉の色沢、脂肪の色沢と質、肉の締まり・きめによって1~5の5段階で格評価される。このアルファベット(歩留り)と数字(肉質)の組み合わせがランクとなり、サシの多い「A5」に近い牛肉ほど高値で取引されている。

本当にうまい肉とは、風味が良い肉のことである。

お肉の美味しさを決める一番の要素は風味である。 A5ランクは、その格付けにおいて脂肪の多さが規準となっていることから、脂身が苦手な人にとってはあまり食べられない肉の種類になります。それにどれだけA5ランクの規準を満たしていても、風味が悪いと元も子もありません。 ですから、全ての人にとってA5ランクのお肉がうまいというわけでは無く、人によっては脂身の少ない赤身が一番うまいという場合もあれば、格下とされているA3,B3ランクのお肉の方がうまいと感じる場合もあり得るのです。ですから、一番うまい肉という認識は間違いであり最高のお肉は人それぞれだと言えるでしょう。